ママしながらメールレディと下着売りの美女(自称)やってます

いつか行ってみたい神道系の霊幻新隆なパワーストーンショップ「岩座」

パワーストーンショップ岩座(いわくら)は横浜中華街の北東側にある様々な効果を持つ「石」を専門に扱っているお店で、いつか行ってみたいなって思ってます。

これ系としては珍しく、まるで神社のような和風な店構えが特徴的であり、厳かな雰囲気の店内でまったりと商品を選ぶことが出来るよう

岩座は古神道に由来するショップであり、「岩座」という店名自体も岩に対する信仰や御神体を指し示す言葉「盤座」から取られています。

パワーストーンショップ岩座(いわくら)の商品

ラインナップとしては神道系の日本産の「石」が豊富にストックされている印象があり、和風な商品を好む人には嬉しい品揃えでしょう。

由緒ある様々な神社で祈りを込められた商品が幅広く並んでいるため、自分の宗派や思想に合ったものを選ぶという楽しみもあります。

また、岩座は石全般に対する信仰・祈りをテーマに運営を行っているということもあり、世界各地の天然石を用いたお守りや祈りをモチーフにした商品も充実しています。

珍しいスマホカバー

中でもオススメはスマートフォンカバーです。

祈りをテーマにした美しい絵柄が100種類もラインナップされており、きっと好みに合ったものを見つけられることでしょう。

スマートフォンは誰しも肌身離さず持ち歩くものですので、その効果も折り紙つきです!

その他にもパワーストーンショップ岩座では、自分の内面を解き明かす「オーラ診断」や、お気に入りのパワーストーンを組み合わせたアクセサリーを作成するサービスも行っています。

このように様々な商品やサービスが盛り沢山なショップであるため、岩座はパワーストーン初心者の方にもオススメなショップとなっています。

旅行のついでにお友達と一緒に来店して、互いに相手に会うパワーストーンを選びあるという楽しみ方もおもしろいかもしれませんね、、、

ただ

因みに私は効果や効能をそこまで信じてません。

ただのオシャレアイテム!

ただ調べてみると面白いです

※ここからは、書いてみたら宗教の勧誘っぽくなりましたが、当ブログでは一切の勧誘は行っておりませんw

そもそもパワーストーンとは

はじめに

パワーストーンの効果効能には科学的な証明はなされておらず、ですから所持をしても信じられない方や逆に信じすぎる方には意味を為さない鉱物と言えるかもしれません。

それは気持ちの問題とも言えるから。

例えば、信じられない方が所有をしても日々の日常には何ら変化を感じずに過ごされるでしょうし、信じすぎる方は逆にストレスを感じてしまう事もあるでしょう。

ただ「気持ち次第だから所有をしても意味はない」という意味でもありません。

それは所有をする目的によって変わるのではないでしょうか?

そしてパワーストーンによって効果効能が違いますが、これらは闇雲に意味を持たされているのではなくて、人類の有史以来から受け継がれたものなのです。

パワーストーンの歴史

パワーストーンは太古の昔より人知を超えた超常的な存在や神々と結びつけられてきました。

旧石器時代の人々による、神聖視された鉱物での洞窟内に描かれた壁画や儀式などで身体に文様を施す時に使われる鉱物の粉末など、祈りを捧げることにより神々から力を貸して頂けるものと信じられていたからです。

それこそお隣の古代中国では、母と形容される大地で育まれた石を生命の創造と関連付けた考えを持ち、古代のアメリカ大陸の部族では、白くうねった石英の鉱脈を大地の精霊の具現化した姿と捉え信仰をされていたようです。

太古より自然を神々として崇めていた人類にとって自然が育み創造されたパワーストーンには、神々と同じ同一の意味を持っていたのです。

また文明が発祥して発展を遂げてからでも、鉱物は彼らの文明から切っても切れない関係性にもありました。

エジプト文明でのパワーストーン

紀元前3000年頃から前600年頃まで栄えた古代エジプト文明ですが、ナイル川の恩恵を受けた肥沃な大地によって莫大な物資にも恵まれました。

この文明では死後も来世で生きるとされています。

埋葬品にも多数の鉱物が使われ護符や装飾品として使用をされてきました。

これらは日用や治療薬にも使われ、エジプト文明にとって鉱物は金銭的な価値を生み出していたのです。

エジプト文明で使われた鉱物の一例

ラピスラズリ・カーネリアン・ベリル・トパーズ・アンバー・ターコイズ・ジェダイト・クリソベリル・サーベンチン

古代バビロニアでのパワーストーン

紀元前1700年ころ現在のイラク南部に位置するメソポタミア地域にア建てられた帝国で、ハンムラビ法典で有名です。

首都は世界7不思議にあげられる空中庭園があったとされるバビロン。

古代バビロニア人は数学や占星学にも優れ神話や伝説にも登場する天の神々に明確な意味づけをして、これらの神々を表すシンボルを石に刻み使用をしていました。

占星術は古代バビロニアが発祥と言われています。

古代バビロニアで好まれた鉱物の一例

アメジスト・エメラルド・カーネリアン・ガーネット・サファイア・ジャスパー・トパーズ・ルビー

古代ギリシャでのパワーストーンの位置づけ

古代のギリシャ人には山々や木々、そして泉や川など自然や自然現象を司る神々を信仰する多神教の文化が存在します。

神話にも多くの鉱物が登場をして、自然の恵みに対して物資の起源に対して意味を見出して崇拝心を発展させてきました。

古代ギリシャ人に好まれた鉱物の一例

アクアマリン・アゲート・アメジスト・アンバー・エメラルド・ガーネット・サファイア・ジャスパー・トパーズ

またギリシャでは哲学者で有名なアリストテレスの鉱物書などが代表されるように古代において様々な鉱石に関する著書があり、その意味や起源を太古より現代に伝えています。

古代日本

日本固有の文化と言えるのが神道によるものが多く、全ての自然には神が宿り神の化身とされてきました。

これは古代ギリシャの価値観に似た文化とも言えますが、古事記や日本書紀に登場する神話の中には鉱物や海由来の珠などパワーストーンにまつわるお話も登場します。

真珠などが有名ですね。

パワーストーンの意味

冒頭でもお伝えしましたがパワーストーンの意味や解釈を誤るとストレスを感じる事にもなりかねません。

例えば

学問の神を祀る大宰府天満宮にお参りをして、勉強をしなくても受験に合格をするでしょうか?

商売繁盛のご利益の高い仏様「弁財天」「大黒様」などをお参りしただけで商売が上手くいくでしょうか?

パワーストーンそれぞれには由来や意味がありますが、それらは所持をすれば直ちに効果を発揮するものではありません。

パワーストーンとは目標や目的に合わせて、心に寄り添う活用が正しい在り方かな

例えば、どんなに目標に向けて努力を重ねても人によっては自信を持てず悩んでしまう事もあるでしょう。

そんな時に少しでも不安を和らげる癒しとして、明日への一歩を踏み出せる勇気を得れるアイテムとして、ご自身の行動を導いてくれるご利益を授かるような、ご利用をなされるのが理想の活用の仕方になるのでは?って感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール


はじめまして
このブログの管理人メルンです。

二児の姫ちゃんのママしながらメルレと下着売りをやってますが、このブログはただの愚痴や不満の捌け口です。

私の経歴(騙された体験を含むw)はコチラに書きました

アーカイブ

お問い合わせ